松本市、塩尻市、安曇野市、大町市の葬祭、法事の法祥苑

松本市、塩尻市、安曇野市、大町市の家族葬なら『こころは』へ

中信地区のご葬儀について

ご葬儀の一連の流れの中で、長野県中信地区(松本・塩尻・安曇野・大町など)で一般的に見られるしきたりの一部をご紹介しています。県外や遠方からご会葬になる場合などにお役立てください。

通夜への弔問は必ず行く?

中信地区では、通夜は近親者のみで営まれることが多く、関東地方のように大勢の弔問客が訪れることは少ないようです。これは、通夜の位置づけが「近親者だけによる故人との親密な時間」と考えられているからです。このため、お香典も通夜の折に持参するのではなく、葬儀告別式の会場で渡すという形式が一般的に行われています。

お骨葬について

葬儀・告別式を済ませてから出棺、火葬を行う形式が広く知られていますが、中信地区においては「お骨葬」と呼ばれ、お通夜の翌日、火葬を済ませてから葬儀・告別式が営まれることが多いようです。

花輪について

造花や生花を環状に飾った花輪を贈って弔意を表すしきたりは全国で見られますが、当地区では近年、花輪を用いることは少ないようです。故人に花を贈りたい、という場合には、葬儀会場内に生花を「盛り花」として供える形式が一般的となっています。

法祥苑では、供花のご依頼を承っております。ご希望の方には「供花/供物」のページでご案内しております。

葬儀式場でのご会食について

葬儀式場に於いて、会葬者のために斎(とき)を振る舞うしきたりが広く見られます。当地区でも、都合が許す限り会葬者のほとんどが会食に参加する、という形式が一般的です。葬儀・告別式のあとに、ゆっくりと故人を偲ぶという意味合いが込められているようです。

主なものだけを記載しましたが、さらに地域別に、それぞれ独特のしきたりも多く見られます。

お問い合わせ・資料請求はお気軽に 葬祭事業部:TEL 0263-26-3211
ページ上部に戻る