松本市、塩尻市、安曇野市、大町市の葬祭、法事の法祥苑

松本市、塩尻市、安曇野市、大町市の家族葬なら『こころは』へ

法要とは

法要とは、死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために営みます。つまり故人があの世でよい報いを受けてもらうために、この世に残された者が仏の供養をするのだと考えればよいでしょう。また一方で、法要は生きている私たちが、仏様の前で、先祖への感謝の心のうちに芽生えた信仰の気持ちを大切にして、生きる覚悟をしていく場だと考えればよいでしょう。

仏式(法要)

亡くなった日から数えて
初七日
(しょなぬか)
7日目 葬儀の時、一緒にするのが通例。
二七日
(ふたなぬか)
14日目 法要は省略するか身内のみで礼拝する。
三七日
(みなぬか)
21日目 法要は省略するか身内のみで礼拝する。
四七日
(よなぬか)
28日目 法要は省略するか身内のみで礼拝する。
五七日
(いつなぬか)
35日目 法要は省略するか身内のみで礼拝する。
六七日
(むなぬか)
42日目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。
七七日
(なななぬか)
49日目 忌日の終わりとして法要の中でも最も盛大に行う。
百ヶ日
(ひゃっかにち)
100日目 法要は家族など身内で済ませる事が多い。
一周忌
(いっしゅうき)
満1年目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。
三回忌
(さんかいき)
満2年目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。
七回忌
(ななかいき)
満6年目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。
十三回忌
(じゅうさんかいき)
満12年目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。
十七回忌
(じゅうななかいき)
満16年目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。
二十三回忌
(にじゅうさんかいき)
満22年目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。
三十三回忌
(さんじゅうさんかいき)
満32年目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。

故人が清浄な自然に回帰するとされ、その意味からも「弔い上げ」とされるようです。しかし死後30年以上も過ぎると、故人を知る人がほとんどいなくなるので、実際には、三十三回忌以降の法要を行うことは稀になってきているようです。

五十回忌
(ごじゅっかいき)
満49年目 略されることが多いようです。
百回忌
(ひゃっかいき)
満99年目 略されることが多いようです。

神式(霊祭)

亡くなった日から数えて
翌日祭
(よくじつさい)
葬儀の翌日 最近ではほとんどおこなわれません。
十日祭
(とおかさい)
10日目 葬儀の時一緒にするのが通例。
二十日祭
(にじゅうにちさい)
20日目 省略されることが多いようです。
三十日祭
(さんじゅうにちさい)
30日目 省略されることが多いようです。
四十日祭
(よんじゅうにちさい)
40日目 省略されることが多いようです。
五十日祭
(ごじゅうにちさい)
50日目 実質の忌明けの日。近親者・知人を招き、盛大に
営むことが多いようです。
百日祭
(ひゃくにちさい)
100日目 省略されることが多いようです。
一年祭
(いちねんさい)
1年目 来の忌明けの日。近親者・知人を招き、盛大に
営むことが多いようです。
二年祭
(にねんさい)
2年目 遺族のみで営むことが多いようです。
三年祭
(さんねんさい)
3年目 遺族のみで営むことが多いようです。
五年祭
(ごねんさい)
5年目 遺族のみで営むことが多いようです。
十年祭
(じゅうねんさい)
10年目 遺族のみで営むことが多いようです。
二十年祭
(にじゅうねんさい)
20年目 省略されることが多いようです。
三十年祭
(さんじゅうねんさい)
30年目 省略されることが多いようです。
四十年祭
(よんじゅうねんさい)
40年目 省略されることが多いようです。
五十年祭
(ごじゅうねんさい)
50年目 省略されることが多いようです。
百年祭
(ひゃくねんさい)
100年目 省略されることが多いようです。

お問い合わせ・資料請求はお気軽に 葬祭事業部:TEL 0263-26-3211
ページ上部に戻る