松本市、塩尻市、安曇野市、大町市の葬祭、法事の法祥苑

松本市、塩尻市、安曇野市、大町市の家族葬なら『こころは』へ

法要歳時記

法要とは

法要とは、死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために営みます。つまり故人があの世でよい報いを受けてもらうために、この世に残された者が仏の供養をするのだと考えればよいでしょう。また一方で、法要は生きている私たちが、仏様の前で、先祖への感謝の心のうちに芽生えた信仰の気持ちを大切にして、生きる覚悟をしていく場だと考えればよいでしょう。

仏式(法要)

亡くなった日から数えて
初七日
(しょなぬか)
7日目 葬儀の時、一緒にするのが通例。
二七日
(ふたなぬか)
14日目 法要は省略するか身内のみで礼拝する。
三七日
(みなぬか)
21日目 法要は省略するか身内のみで礼拝する。
四七日
(よなぬか)
28日目 法要は省略するか身内のみで礼拝する。
五七日
(いつなぬか)
35日目 法要は省略するか身内のみで礼拝する。
六七日
(むなぬか)
42日目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。
七七日
(なななぬか)
49日目 忌日の終わりとして法要の中でも最も盛大に行う。
百ヶ日
(ひゃっかにち)
100日目 法要は家族など身内で済ませる事が多い。
一周忌
(いっしゅうき)
満1年目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。
三回忌
(さんかいき)
満2年目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。
七回忌
(ななかいき)
満6年目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。
十三回忌
(じゅうさんかいき)
満12年目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。
十七回忌
(じゅうななかいき)
満16年目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。
二十三回忌
(にじゅうさんかいき)
満22年目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。
三十三回忌
(さんじゅうさんかいき)
満32年目 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養する。

故人が清浄な自然に回帰するとされ、その意味からも「弔い上げ」とされるようです。しかし死後30年以上も過ぎると、故人を知る人がほとんどいなくなるので、実際には、三十三回忌以降の法要を行うことは稀になってきているようです。

五十回忌
(ごじゅっかいき)
満49年目 略されることが多いようです。
百回忌
(ひゃっかいき)
満99年目 略されることが多いようです。

神式(霊祭)

亡くなった日から数えて
翌日祭
(よくじつさい)
葬儀の翌日 最近ではほとんどおこなわれません。
十日祭
(とおかさい)
10日目 葬儀の時一緒にするのが通例。
二十日祭
(にじゅうにちさい)
20日目 省略されることが多いようです。
三十日祭
(さんじゅうにちさい)
30日目 省略されることが多いようです。
四十日祭
(よんじゅうにちさい)
40日目 省略されることが多いようです。
五十日祭
(ごじゅうにちさい)
50日目 実質の忌明けの日。近親者・知人を招き、盛大に
営むことが多いようです。
百日祭
(ひゃくにちさい)
100日目 省略されることが多いようです。
一年祭
(いちねんさい)
1年目 来の忌明けの日。近親者・知人を招き、盛大に
営むことが多いようです。
二年祭
(にねんさい)
2年目 遺族のみで営むことが多いようです。
三年祭
(さんねんさい)
3年目 遺族のみで営むことが多いようです。
五年祭
(ごねんさい)
5年目 遺族のみで営むことが多いようです。
十年祭
(じゅうねんさい)
10年目 遺族のみで営むことが多いようです。
二十年祭
(にじゅうねんさい)
20年目 省略されることが多いようです。
三十年祭
(さんじゅうねんさい)
30年目 省略されることが多いようです。
四十年祭
(よんじゅうねんさい)
40年目 省略されることが多いようです。
五十年祭
(ごじゅうねんさい)
50年目 省略されることが多いようです。
百年祭
(ひゃくねんさい)
100年目 省略されることが多いようです。

お盆とは

「うらぼんえ盂蘭盆会」の略ですが、先祖の霊魂が帰ってくる日といわれています。その先祖の霊を迎え供養する期間です。 お盆の期間はこの地方では、8月13日迎え盆8月16日送り盆を含めて4日間のことをいいます。 盂蘭盆会とは、釈迦の弟子であった木蓮が、死んでせがきどう施餓鬼道に落ちた母親を釈迦の教えによって、七月十五日に僧侶たちに食物を施し、供養することによって救い出すことができたという言い伝えによるものです。つまり施餓鬼道や地獄に落ちて苦しんでいる霊を救うために供養を営むことをいいます。 現在のお盆は先祖の霊が帰ってくるという日本古来の言い伝えと、この盂蘭盆会が結びついたものであるということです。 施餓鬼道とは、地獄につづいて苦しみの多い世界。物惜しみをしたり、むさぼり食ったり、他人をそねみねたんだ者が堕されてくる世界。「欲しい物が手に入らない」という間接的な苦痛にさいなまれる。

お彼岸とは

仏教では彼岸とは、向こう岸に渡るという意味です。本来は迷いのこの世(此岸)から、川の向こうの悟りの世界(彼岸)に渡ることを願って行いを慎む期間とされていました。それが春分の日(春分を中日として前後3日)と秋の彼岸は(秋分を中日として前後3日)と結びついて、墓参などをする年中行事として定着しました。

この期間は先祖への感謝の思いを新たにし、充実した日々をおくれるよう自分自身を見つめ直す時間とされています。

お彼岸の入りまでには、仏壇・仏具をきれいにし、花や供物を供え、お墓もきれいに掃除しておきましょう。

お彼岸の期間中の供養のしかたとしては、仏前にお花や供物を供え、また家族そろってお墓参りをし、お寺では彼岸会の法要を営みますので、できるだけ参加しましょう。

新盆(あらぼん・にいぼん)とは

あらぼん新盆(にいぼん新盆・はつぼん初盆とも言う)とは、あらぼとけ新仏(にいぼとけ新仏とも言う)のある家で四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆をいいます。新盆の供養は特に丁寧に営まれます。

新盆を迎える家には、親戚が提灯を贈る慣習があります。正式には新盆を迎える家の家紋を入れた提灯を贈るのがしきたりなのですが、提灯の代わりに現金を送って遺族の気に入った提灯を買ってもらうのも良いでしょう。

僧侶には自宅に来てもらい精霊棚が仏壇の前で読経してもらいます。読経後、仏を迎える意味で参会者と食事をします。

最近では、法要後の会食はレストランや料亭で行うケースも増えてきました。故人を偲びながら、和やかなひとときをもてるなら、会食の会場はどこでもOKです。

新盆を迎える家には、ご親戚、ご近所の方々が故人を偲びお参りに来ますから、お返し物を用意して訪問に備えます。

四十九日の忌明け前にお盆を迎えた時は、新盆は翌年になります。

死者が亡くなった日から数えて四十九日までは七日目ごとに法要を行います。死後七日目から七回、死後の世界いわば裁判官である閻魔大王によって生前の功徳に対する裁判を受け、来世行くべき場所が決まるのだと言われているからです。そのため、残された者が閻魔帳に記載されている罪業を消滅させるため、それぞれの裁判日(忌日)に、故人の冥福を祈って法要を行うとされています。

仏事の意義と由来(一説)

初七日
(しょなぬか)
書類審査、生前の行状が裁かれる。
二七日
(ふたなぬか)
三途の川を渡るところで裁かれる。死出の旅路の難所。
三七日
(みなぬか)
生前の邪淫の罪が裁かれる。
四七日
(よなぬか)
秤を使って生前の罪の重さが決められる。
五七日
(いつなぬか)
水晶の鏡に生前の罪状が映し出される。
六七日
(むなぬか)
五官王の秤と閻魔大王の鏡で再吟味する。
七七日
(なななぬか)
最後の審判が下され、行き先が決まる。

故人の霊は、四十九日までさまよっているとされ、この日の判決で故人の霊が極楽浄土に行けるかどうか決まると言われています。つまり四十九日で「中陰」が終わるので、その日を「満中陰」と呼び、一般的にはその日を忌明けの日と言います。

百ヶ日
(ひゃっかにち)
慈悲の心により修行の楽しさを教え、喜びに導く。
一周忌
(いっしゅうき)
無限の光明と知恵により、さらなる精進の道へ導く。
三回忌
(さんかいき)
ひたすら信仰に徹するという一念に導く。
七回忌
(ななかいき)
悟りや信心をより堅固なものに導く。
十三回忌
(じゅうさんかいき)
これまでの修行と悟りを点検しさらに大きな悟りへと導く。
十七回忌
(じゅうななかいき)
二十三回忌
(にじゅうさんかいき)
三十三回忌
(さんじゅうさんかいき)
三十三年にもわたり長い修行の締めくくりとして、死者は菩薩の世界に入る。死者はこれより「ご先祖様=守り神」の仲間入りをすることになる。

お盆の習わし

お盆の入り(迎え盆)の朝まずは仏壇を清め、しょうりょうだな精霊棚(位牌等を安置する棚)という祭壇を設け先祖を迎えます。前日にしてもかまいません。かつてはお墓に行って提灯に火を灯し、そこから家まで提灯を持って精霊を案内していました。現在も行っているところもあります。今では、墓地が遠い場合、庭先や門口でカンバ(白樺の樹皮を乾燥させた物)を焚いたり、玄関の軒下に迎え灯籠を飾ります。霊が帰って来る家がわかるようにと行います。

精霊棚には、位牌、香炉、輪、火立、そとば卒塔婆、盆提灯、花、果物、野菜、菓子、故人の好物等を供えます。また先祖の乗り物として、キュウリで作った馬と、ナスで作った牛を供えるところがあります。これは先祖の霊が馬に乗って一刻も早くこの世に帰り、牛に乗ってゆっくりあの世へ戻って行くようにとの願いを込めたものといわれます。

お盆の期間中毎朝、昼、晩の三回精進料理をお供えします。地域によっては献立が決まっているところもあります。家族と同じ食事を供えてもかまいません。

たいてい僧侶はお盆に各檀家をまわります。寺から日時を知らせてくる場合が多いので、なるべくその日には、家族揃って、僧侶に精霊棚、または仏壇の前でお経をあげてもらいましょう。 送り盆の夕方、迎え火と同じところに送り火を焚いて、精霊棚に安置していた先祖の霊を再び送り出します。

年賀欠礼状とは

喪中に新年を迎える場合は、慶事を避けるということで年賀状は出しません。それに代わるものとして年賀欠礼状を出します。年賀欠礼状は、相手方に12月初旬までには到着するようにします。喪中なのに年賀状をもらうことがありますが、返書は松の内を過ぎてから「寒中見舞い」として出します。

年賀欠礼状

新御霊(あらみたま)とは

この地方の慣習で(地域により異なる)ご親戚、ご近所の方々が故人を偲び12月に入るとお参りにくる事があります。 お返し物を用意して訪問に備えましょう。

お問い合わせ・資料請求はお気軽に 葬祭事業部:TEL 0263-26-3211
ページ上部に戻る